ひとりで生きられちゃうの

健康、投資、節約、仕事など、ひとりで生きるのに役立つ情報を発信します

ネクタイはいくつ持つのが正解か

f:id:herota1830:20200523231139j:plain

 

私の答え。

ネクタイは1つ。

 

家の片づけをした時にネクタイを処分しました。

ネクタイは6つから1つになりました。

 

 

 

スーツ・ネクタイ文化の今後

ビジネスシーンでのスーツやネクタイに対する不要論が増えているように感じます。

10年後の日本や世界のスーツ文化は、なくなりはしなくても衰退していると思います。

在宅勤務をするのにスーツを着てネクタイを締めますか?

後年は「コロナウイルスで在宅勤務が拡がり、スーツ・ネクタイ文化が見直しが始まった」なんて言われるのではないでしょうか。

 

コロナ後の「制服」

私は職場でスーツではなく作業服を着て仕事をしています。

スーツやネクタイは数年に1度ぐらいしか使いません。

 

f:id:herota1830:20191221223142j:plain

 

サラリーマンの制服

・スーツ、ネクタイ、革靴

だとしたら、

 

エンジニアの制服

・作業服、ヘルメット、安全靴

となります。

 

在宅勤務の拡がりで仕事の服装も変わっていくと思いますが、作業服という「制服」はなくなりません。

オフィスでTシャツ、短パンで仕事をするのはありでも、現場では無理だと思います。

 

オフィスでTシャツ、短パンで仕事をしてもケガはしませんよね。

現場でTシャツ、短パンで仕事をするのがいかに危険かは分かりますよね。

 

作業服やヘルメットには身を守る機能がありますが、スーツ、ネクタイにはその機能はありませんし、求められてもいません。

これが決定的な違いです。

 

「制服」は当然だと思い込んでいた

・学生は制服

・サラリーマンはスーツにネクタイ

 

これが当たり前だと思っていました。

 

今は学生も在宅で勉強、会社員も在宅勤務の時代です。

「制服」の存在意義が薄れています。

 

「制服」に対する意識が変化していますが、これに便乗した「身だしなみ商法」が盛んです。

「在宅勤務の身だしなみはこれだ!!!」みたいなやつです。

私はビジネスシーンでのTシャツ、短パンがOKになればよいと思っています。

身だしなみが好きな日本人には無理だと思いますが。

総理大臣がTシャツ、短パンで国会とかに登場すれば変わるかもしれません。

 

在宅勤務ができない現場作業員は「制服」をなくすことはできません。

次の大きな変化は現場作業員自体をなくす、身だしなみ不要なAIの登場なのかもしれません。