ひとりで生きられちゃうの

健康、投資、節約、仕事など、ひとりで生きるのに役立つ情報を発信します

学校では教えてくれなかった… 30歳を過ぎるまで「金利」「利息」を知らなかったおじさんの恥ずかしい話【お金の勉強】

f:id:herota1830:20191228002502p:plain

私が金利と利息を知ったのは30歳を過ぎてからです(恥)。2019年の「老後2000万円」問題の時、日本人は金融リテラシーが低く、お金の教育が必要であると言われていました。そしてココに金利も利息も知らなかったおじさんがいるのですからこれは重大な問題です。そんなわけで今回は「金利」「利息」についてのお話です。

 

金利も利息も知らないおじさん「銀行にお金を預けてたら少し増えてるぞ」

通帳をふと見たとき「利息」という項目でお金が入金されていたので「なんかぁ預けてたらちょっとお金もらえるんだなぁ」ぐらいの認識しかありませんでした(大恥)。このちょっともらえるお金が「利息」です。そして「利息」がどれだけの割合なのかを決めるのが「金利」です。

 

例えば私が金利1%で100万円を銀行に預けたとします。これを言い換えると銀行が私に借金をしたということになります。

f:id:herota1830:20191227234256p:plain

 

そして1年後、銀行は私が貸した100万円と、100万円の1%にあたる1万円をプラスして返します。金利は一般的に1年を単位とします(年利ともいう)。

f:id:herota1830:20191227234349p:plain

 

ここでプラスされた1万円は立場によって言い方が変わります。お金を貸した私は1万円の「利息」を受け取ったことになり、お金を借りた銀行は1万円の「利子」を払ったということになります。

 

「小学生にも分かるように」さらに別な例えをします

レンタル屋をしている私の店には金額「100万円」「200万円」「300万円」という3つの商品があるとします(下表)。レンタル料(利息、利子)は金利という割合で決まっています。金利は変動するものですが、店主の私は金利を1%にしました。こうすることでレンタル料が安くなり、金利が2%や3%では高くて払えないという人もレンタルがしやすくなります。

f:id:herota1830:20191227234544p:plain

さっそく、銀行が「100万円」という商品をレンタルするために来店しました。金利は1%なので「100万円」のレンタル料は1年で1万円です。こうして「100万円」をレンタルした銀行は1年後、私に「100万円」を返してレンタル料である1万円の「利子」を払うというわけです。

 

まとめ・所感

利息(利子):お金のレンタル料みたいなもの。お金を貸した側が受け取るお金が利息借りた側が支払うお金が利子。

金利:利息(利子)の割合のこと。貸し借りした金額に金利をかけて利息(利子)を計算する。

 

「小学生にも分かるように」記事を書いたつもりでしたが難しかったかもしれません。小学生の時の私なら理解できなかったと思います。なぜなら私は小学生の頃、算数のパーセントや割合のテストで0点を取ったからです。私が0点を取ったのはお金の教育以前の問題ですが、子供の頃にお金の教育を受けていればもう少しまともな大人になれたのかなぁと思う、金利も利息も知らなかったおじさんの話でした。