ひとりで生きられちゃうの

健康、投資、節約、仕事など、ひとりで生きるのに役立つ情報を発信します

ケチしてみませんか? 楽しく幸せなケチのすすめ

ケチというとネガティブなことをイメージする人が多いと思います。

メディアでも「ケチな人=悪」のように扱われています。

でも、そんなことはありません。

ケチでいいんです。

しかもケチは楽しいのです。

 

 

ケチ1. 靴下は穴があいてもはく

f:id:herota1830:20200418192915j:plain

たまにボロボロのジーンズをはいている人がいますよね。

それと同じ発想のファッションです。

 

ケチ2. 毎日同じ服を着る

私は私服通勤をしています。

着ている服は1~3週間は同じです。

会社と家を行ったり来たりするだけなのに、毎日違う服を着る必要はないですよね。

洗濯の手間が減り、どの服を着ようか迷う選択の手間も減ります。

洗濯回数が少なくなれば、服の痛みも少なくなり寿命が長くなります。

 

ケチ3. リップクリームを使い切る

f:id:herota1830:20200418193020j:plain

爪楊枝でほじって使い切ります。

昔は減ったリップは捨てていました。

まだ残っているのになんてもったいなかったことでしょう。

 

ケチ4. 通勤費をケチる

電車、バス通勤の方なら、いつも降りる場所より運賃の安い場所で降りましょう。

歩く時間が長くなりますが、よい運動になります。

歩いている途中で新たな発見があるかもしれません。

 

ケチ5. 暖房費をケチる

北海道の冬はストーブをガンガンたいて、汗をかくくらい室温が高いことがあるので無駄だと思ってます。

全く暖房を使わないのはさすがに寒いですが、室内でダウンジャケットを着ることである程度寒さをしのげます。

かなり暖かいのでおすすめです。

 

ケチ6. 水道水を飲む

ジュースって飲まなくてもよくないですか?

水道水で十分じゃないですか?

 

ケチ7. 自販機で買わない

どうしても飲料を買って飲みたいなら、自販機ではなくスーパーで買えば節約になります。

www.31noco.com

 

ケチ8. 配っているティッシュをもらう

ティッシュ配りをしていたら必ずもらいましょう。

何なら何往復もしてたくさんもらいましょう。

 

ケチ9. 外出先で用を足す

自宅ではなく、会社とかのトイレで用を足すようにすれば節約になりますよね。

 

ケチ10. 髪は自分で切る

低価格の理容室のカット料金は1,000~1,500円です。

自分で切れば0円です。

 

ケチ11. 家の近くのフキノトウを食べる

f:id:herota1830:20200418193355j:plain

マヨネーズ炒めで食べました。

 

年収90万円以下で生活する大原扁理さんも、野草を摘んで食べていたそうです。

食べられる野草は意外と近くにあるものです。

www.31noco.com

 

ケチ12. 最初から詰替え用を使う

シャンプーなどの詰替え用は通常ボトルよりも低単価です。

最初から詰替え用を使えば節約になります。

詰替え用が使いやすくなる便利グッズもあります。

 

さいごに

メディアは人にお金を使わせようとします。

だからケチな人を否定します。

 

メディアの言う通りにして楽しい、幸せならよいかもしれません。

でもそれは見せかけの幸せではないでしょうか。

 

本当の楽しい、幸せを追求したらケチになった。

それは全く恥ずかしいことではありません。

 

世間体とか一旦忘れて、ケチしてみませんか?

きっと幸せなことがあります。

 

 

こちらの記事にもケチのヒントがあります。

www.31noco.com

www.31noco.com