ひとりで生きられちゃうの

健康、投資、節約、仕事など、ひとりで生きるのに役立つ情報を発信します

ドライアイに悩んでいろいろ試した結果

f:id:herota1830:20200315202653j:plain 

私はパソコンでブログを書いています。

休日はネットサーフィンなどパソコンの画面を見ていることが多いです。

そこで気になるのが眼精疲労です。

 

私はドライアイに悩まされていろいろな対策をしました。

 

 

眼科に通院

検査結果は特に異状なしで、出されたドライアイ用の目薬を使いました。

目薬を使ったときはなんとなく症状が和らいだ感じがしましたが、しばらくすると効果がなくなるので、ひたすら目薬を使っていました。

 

市販の目薬

市販の目薬も使いましたが、これも使ってしばらくしたら目がつらくなりました。

 

パソコン用のサングラス

私はパソコン画面を見るときはサングラスをしています。

元々まぶしいのが苦手なので、試しにサングラスをしてみたら目の疲れが減りました。

パソコン用のサングラスといっても商品としてそのように売られていたのではなく、普通のサングラスをパソコン用に使っているだけです。

サングラスの良い所は光の量と乱反射を抑えられることです。

光の量と反射のギラつきが少なくなって疲労が少なくなりました。

 

注意点はサングラスの種類によっては、かえって画面が見えづらくなることです。

ガラケーの画面をサングラスで見ると変な模様が入ったように見えました。

 

パソコンのモニターもスマホの画面も画面の明るさを調整できます。

まぶしさを感じたら画面の明るさを下げてみましょう。

 

パソコン用メガネ

ブルーライトカットのメガネです。

私の感想では目の疲れが減りました。

ブルーライトは特別なレンズではなくても、レンズに色が入っていればカットできると言われています。

レンズの種類によってカット率に違いがあります。

 

私はUV(紫外線)・ブルーライトカットのメガネを使っています。

これの良い所は外でも使いやすいということです。

近年は健康志向の高まりで紫外線対策が盛んですが、それでもサングラスをして外を歩いている人は少ないです。

日本ではサングラスは健康のためよりもファッションでするという意識が強いです。

サングラスをして外出したことがありましたが、ジロジロ見られたような気がしました。

気のせいかもしれませんが、田舎は大抵こんな感じです。

そんなサングラスをしづらい雰囲気でもUV・ブルーライトカットのメガネなら大丈夫なのです。

レンズには色が入っていますが、少しだけなので田舎という過酷な(?)環境でも使用できます。

 

ブルーライトは特別な光ではなく、言葉通り青色の光で太陽光にも含まれています。

ブルーライトもそうですが、目の健康を考えるなら紫外線対策をするべきです。

紫外線は目に悪い影響しか与えません。

目の痛みや充血、さらに強い紫外線が繰り返し目に入ると白内障のリスクもあります。

 

さいごに

結局、私のドライアイ対策はサングラスとUV・ブルーライトカットメガネに落ち着きました。

現在でも特につらいときは目薬を使いますが、昔に比べ使用頻度は激減しました。

 

サングラスとUV・ブルーライトカットのメガネがオススメです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【JINS Switch -sports-】-JINS(ジンズ)
価格:13200円(税込、送料別) (2020/3/15時点)

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【JINS SCREEN 25%CUT】-JINS(ジンズ)
価格:5500円(税込、送料別) (2020/3/15時点)

楽天で購入