ひとりで生きられちゃうの

健康、投資、節約、仕事など、ひとりで生きるのに役立つ情報を発信します

人と比べてしまうという病を治す方法 「33歳で手取り22万円の僕が1億円を貯められた理由」を読んで

f:id:herota1830:20200905105734j:plain

 

「この病はきっとドクターにも治せないのよ♪」

 

井上はじめさんの著書、

「33歳で手取り22万円の僕が1億円を貯められた理由」

を読みました。

 

 

本の内容要約

・質素な生活を心がける

・節約して捻出したお金で世界経済に投資する投資信託を買う

・不動産投資で住居費が実質タダになった

・家賃交渉術

  物件を探す時期は5月と11月

  不動産仲介業者に「○○円にしてくれたら契約します」と言う

 

著者が本当に勧めているのは投資信託への投資です。

不動産投資についての章は参考程度とのことです。

 

トウシルに井上さんのインタビュー記事があります。

media.rakuten-sec.net

media.rakuten-sec.net

media.rakuten-sec.net

 

病にかかる

「人と比べてしまうと不幸になる」

 世間でよく言われていることです。

 

この本を読んで、人と比べてしまう病を起こしてしまいました。

「著者は手取り22万円もあるが、勤続10年以上でそれ以下の私・・・」

ザックリこんな感じの病です。

 

優秀で高収入で本まで出版する人と比べても劣っているのは明らか。

比べること自体間違っていますが、どうしても比べてしまいます。

つまらないことを気にしているのは分かっています。

でも相手との収入差や能力差で劣等感に苦しめられます。

 

病を治すには自分の基準を持つ

他人と比較してどうこうではなく、自分の幸せの基準を持つ。

これが私が辿り着いた、病を治して不幸から脱する方法です。

 

自分が比べてしまっている相手をよく見ると、この人は本当に幸福なのか、自分は本当に劣っているのか考えられるようになります。

 

多くの人は以下のようなことで幸せを感じているように思います。

・仕事によって充実感と高収入を得る

・広い家に住む

・高級車を所有する

・お酒を飲む

・外食する

・家庭を築く

・海外旅行をする

 

これが幸せですか?

 

私にとっては違います。

 

他人の幸福と、自分の幸福は違います。

自分の幸せの基準を持てば、比べても意味がないと思えるようになります。

 

自分の幸福は自分本位です。

メディアなどによって作られた幸福論はいったん忘れて、自分中心の幸せの基準を考えてみましょう。

 

 

でも、ブログで稼いでいる人を見ると「数十円でも収入のある人スゲー」って自分と比べてしまいます(泣き顔)。

 

何事も簡単じゃないですね。。。